セサミンで二日酔い予防

サラリーマンはお付き合いでどうしても飲まなくてはならない時がありますね。
また近頃は女性もお酒が強くなり、男性よりも酒豪、という女性、少なくありません。
お酒を飲んでも翌日全く問題ない!!というツワモノもいますが、多くの方が翌日悩まされるのが二日酔いです。

吐き気があり頭がふらふら・・・もうはくものなどないのに襲ってくる吐き気には全く参ってしまいますよね。
二日酔いになるたびに、もう酒なんて飲むものか!!と思うのですが、時間がたってお酒が体から抜けていくと、また飲もうという気になる。
これがお酒なんですよね。

お酒を飲むとまず全身にアルコールが血液によって回ります。
でも最終的にお酒は肝臓によって分解、解毒されます。
アルコールを水と二酸化炭素に分解し、体外に排出するというのが普通です。

肝臓で行われる分解作業の際に生まれるのがアセトアルデヒドという有害物質、つまり体にとって必要のない成分、毒素です。
通常、適度な量のアルコールを飲む場合には、アセトアルデヒドも全部体内で分解され、二日酔いという苦しい状態はありません。
でも、あまりにも大量のお酒が体内に入ってきてその人の肝臓の処理能力を超えてしまうと。

アセトアルデヒドを体内で分解することができず、体外にも排出できなくなってしまいます。
するとアセトアルデヒドは体で悪さを起こすのです。
頭痛、吐き気、動悸・・・・二日酔いになった事がある人はわかりますね。

セサミンというのは肝臓でこそ抗酸化作用を発揮する肝臓に関係の深い成分です。
肝臓に直接働きかけができるセサミンは、肝機能の力をぐっと向上させてくれるので、アルコール分解、つまり解毒作用のサポートを行ってくれる成分というわけです。
調査によると、セサミンを摂取している人は、お酒を飲み終えると同時に即、血中アルコール濃度が下がるという報告があります。

セサミンの摂取がない人は飲み終えて1時間、ほとんどアルコール濃度に差がないという結果です。
お酒を飲む人もセサミンを継続的に毎日しっかり飲んで、肝臓が働けるように備えておきたいものですね。