肝臓の健康を保つセサミン

肝臓という臓器は臓器の中でも大きく、とても重要な臓器です。
肝臓は食べ物を食べ胃で消化し、腸で吸収した栄養素によってたんぱく質の元となるアミノ酸を作り、エネルギーを作り出すという役割を持っています。
また、体内に必要のない毒素のあるものや有害物質などを肝臓で分解し、体外に排出するという重要な役割も持っているのです。

肝臓は無言の臓器と呼ばれます。
お酒ががんがん入ってきても、脂肪の多い食事で解毒する作業が忙しくても、文句の一つも言わずにもくもくと仕事をこなすのが肝臓です。
サラリーマンなら働き者で文句のつけようがない人間ですが、「文句一つ言わない《というのが臓器の中では大きな問題なのです。

通常、オーバーワークになると体は「痛み《「違和感《「汗《などによって、もうこれ以上作業はできないよ!と知らせてくれますね。
でも肝臓はどうしようもない状態にならない限り、「疲れたー!!《という信号を出してくれません。
肝臓がどうしようもない状態になって信号を発する時には症状がかなり進行し悪化している状態です。

セサミンは活性酸素をやっつけるという抗酸化作用を持っていますよね。
肝臓は解毒などを行う際に活性酸素を大量に作ってしまいます。
この活性酸素を減少させるために肝臓は酵素「SOD《を作るという仕組みを持っています。

問題はこのSODが年齢と共に減少してしまうという点です。
若いときにはいくら飲んでも肝臓に問題がなかったのですが、年齢を重ねていくうちにどんどん肝臓が弱くなって・・・なんて話を聞きますね。
これは肝臓が活性酸素を減少させるためのSODが年齢と共に減少し始めてしまうからです。

セサミンは抗酸化力が強い成分ですから、肝臓が弱ってきたな・・・と思うとき、またこれから年齢的に弱くなっていくなと思うときの予防に、セサミンを利用する方が多くなるのです。
活性酸素を抑制する力がしっかりあるセサミンを毎日継続的に適用量のむことで、肝臓の元気を助けてくれます。