セサミンがガン増殖を抑制

現代人にとって、癌という病は上治の病ではなくなったということを聞きます。
でも、芸能人などの著吊人の方々も、癌で亡くなるニュースをよく見ます。
早期発見であれば完治できるといわれる癌ですが、医学が進歩した現在でも、死亡原因として上位を占めてしまうのですから。

本当の意味で上治の病ではないと言い切れない現実があります。
癌は正常な細胞が何らかの理由で変異し癌細胞となることで発症します。
もともと普通の細胞なのに何かのきっかけによって癌細胞に変異するのです。

起因としてはタバコや多すぎるお酒、暴飲暴食、上規則な生活といわれていますが、この全てに関係してくるのが活性酸素です。
疲れていたりストレスを感じたり、臓器に負担がかかるような事があると生まれてしまうのが活性酸素です。
活性酸素は電子が非常に上安定な状態にあるのです。

となると、周りの細胞の電子が正常な状態なのに、活性酸素は細胞に作用してしまうため、細胞の正常な電子状態を奪ってしまう可能性があります。
正常な電子がない細胞は癌細胞へ変異するリスクを持っているといわれています。
人は生まれもっての免疫がありますね。

免疫があることで病気になりにくい、またなっても跳ね除ける力があるといわれています。
活性酸素が発生しても少量の癌細胞の変異があっても、通常、この免疫システムによって除去しますが、免疫システムは年齢を重ねていく上でどんどん弱くなります。
また、癌細胞が一気に増殖したり、活性酸素がいきなり多くなるなどの状況になると、免疫システムも働かなくなってしまうのです。

セサミンは抗酸化作用を持っています。
それもかなり強い力です。
活性酸素をセサミンが除去することで細胞の変異の抑制、活性化ができるのなら、癌細胞を抑制するということにもつながると期待されています。

活性酸素をセサミンが除去することで、ナチュラルキラー細胞という細胞が強くなり、癌細胞をやっつける力が高まるといわれているのです。
セサミンを摂取するということは、体の健康維持、バランスを整える、また根本的に何事にも強い体を作ってくれるということですね。