セサミン摂取で解毒作用?

体内で解毒作用がある臓器というと、もちろん肝臓です。
体の中の大きな臓器、肝臓はたんぱく質の原料となるアミノ酸を作るというほか、エネルギーを作るという仕事、さらに体内に必要のない老廃物や毒素。
有害物質などを分解解毒し、体外に排出するという重要な働きを持つ臓器です。

セサミンは肝臓内で抗酸化作用を発揮できるという数少ない栄養素なんです。
肝臓でエネルギーを作るためにどうしても発生してしまうのが活性酸素です。
免疫力低下や細胞劣化にも大きく影響する活性酸素も、体内で必要な要素を持っていますので過剰に発生しなければ問題ありません。

でも過剰に発生してしまった場合、細胞を劣化させてしまいますし、免疫力も低下させてしまうことがわかっています。
免疫力の低下は様々なデメリットがありますので避けたいところですが・・・
活性酸素を抗酸化力によってしっかりやっつけてくれる成分がセサミンです。

またセサミンは肝臓の解毒の働きをサポートするという大きな力も持っています。
日々疲労が蓄積しているという人、お付き合いで毎日のようにお酒を飲んでしまうという方、体内には解毒しなければならない物資がたくさんたまっています。
毒素が体の中に残っているということは、細胞も活力を失いますし、肌あれも起きてきます。

免疫力が低下し、すぐに風邪を引いてしまったり流行病を貰ってしまうことになります。
生体機能全般の能力が落ちているという状態になってしまうのです。
老廃物や有害物質が体に残っている状態は、健康上も美容上もいいことはありません。

お酒を多量に飲むと分解や解毒をする量が多くなりますので、その分肝臓への負担が多くなります。
もともと肝臓で作ることができる酵素、SODの量が少なくなっていると、解毒の力も少なくなり肝機能が低下します。
それを補ってくれるのがセサミンです。

セサミンは活性酸素を退治する機能を持っていますので、解毒する力が弱くなってしまった肝臓をサポートし、本来の力が発揮できるようにしてくれるのです。